みなさん、「犬の十戒」って知ってますか?
これは、作者不詳のまま世界中に広まっている英文の詩です。

犬の視点から飼い主に向けたお願い事が書かれており、
多くの人々の感動や共感を呼んでいるそうです。

「犬の十戒」を元にした邦画『犬と私の10の約束』


犬の十戒2
この詩を元に作られたのが、映画 『犬と私の10の約束』です。
観たことある方もいるかと思います。

私は「犬の十戒」という詩を、この映画を観て知りました。

大分前に観た映画なので、内容はあまり覚えてないのですが、
なぜか「犬の十戒」だけは今でも印象に残っています。

心動かされたのかもしれません。

そんな心動かされる詩を、犬を飼っている人みんなに読んでいただきたいと思って、
このブログを通して紹介したいと思います。

感動を呼ぶ「犬の十戒」日本語訳


1、私の一生はだいたい10年から15年。
あなたと離れるのが一番つらいことです。
どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいてください。

2、あなたが私に求めていることを理解するまで、待っていてください。

3、どうか、私を信頼してください。それが私の幸せなのです。
10
4、私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで。
あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれません。
でも、私にはあなたしかいないのです。

5、私に話しかけてください。
言葉は分からなくても、あなたの声は届いているから。
5
6、あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを忘れないで。

7、私を叩く前に、思い出してください。
私はあなたの手を簡単に噛み砕くことができるのに、そうしないことを。

8、言うことを聞かない、怠けていると叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えてください。
よくない食事、長時間外で太陽に照らされている環境、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

1106-13
9、私が年を取っても、世話をしてください。
あなたもまた同じように年を取るのだから。

10、最後のその時まで一緒にいてください。
でも、「もう見てはいられない。」、「ここにはいたくない。」などと言わないで。
あなたがいてくれるだけで、私は安らかになれるのです。
あなたを愛していることを、どうか覚えておいてください。
2
みなさん、読んでみてどうでしたか?
実際犬が何を考えてるなんて、わかりません。
それでも、何か心に染み入る言葉の数々ですよね。

私は4の「私にはあなたしかいません」っていうのに考えさせられました。
たしかに、犬は飼い主がいないと、ごはんを食べることも、外に出ることも、遊ぶこともできません。
飼い主が手をかけてあげないと、何もできないんですよね。

これを読んでから、もっともっと一緒にいたいって思うようになりました。
もっとお散歩に行って、もっと遊んであげたいって思うようになりました。

『犬と私の10の約束』では内容が少し違う


犬の十戒
『犬の十戒』と、『犬と私の10の約束』を見比べてみると、
若干内容が違うことに気づきました。
10kai
みなさんも上の文章と読み比べてもらえるとわかると思いますが、
こっちの方が短くてわかりやすい気がします。
どうしても英文の訳となると、回りくどい言い回しになってしまいますからね。

やっぱり映画なので、わかりやすい平易な文章に変えたのかもしれませんね。


今回『犬の十戒』を読んでみていかがでしたか?
 感じ方は人それぞれだと思いますが、
 
何かしら感じていただけたら嬉しいです。

今日のブログはあいものがお送りしました。